放送の仕事について

HOME > 採用について > 放送の仕事について

みなさんが普段観ているテレビ番組やCMは、多くの人の手によって作られています。
カメラマンや音声、照明、映像編集による番組制作だけではありません。
作られた番組を「放送するための準備」や「放送する」作業を行ってはじめて、
みなさんに届けられるのです。

その業務を担っているのが私たち「クロステレビ」です。

テレビが放送されるまで
-クロステレビの役割-

安心・安全なテレビ放送

放送送出技術(マスター)

放送運行監視業務を行う放送局の心臓部。
映像や音声をマスター室(主調整室)で監視しています。
スポーツ中継の延長や緊急性の高い災害、事故が発生した場合に、延長放送や緊急特番に対応します。

放送準備(スタンバイ)

放送素材の事前準備業務。放送素材(番組やCM)に問題がないかをチェック。
番組表(タイムテーブル)に従い、放送運行データを作成します。

制作技術

音の編集や音声卓(ミキサー)を使い音の調整を行ったり、番組の台本や構成、演出意図を理解しテレビカメラを操作します。(音声・カメラ)

報道

毎日のオンエア演出の他に自らが企画・取材を行い特番用の作品を作ることもあります。
企画力・リサーチ力・判断力が問われる仕事です。

タイトル美術(CGタイトル)

番組のタイトルロゴのデザインやテロップ入力、フリップの作成などを行います。

ディレクター

カメラ・音響・照明・ビデオエンジニアなどの専門スタッフを指揮しながら、番組をカタチにしていきます。

  • 中継車
    中継車
  • カメラ
    カメラ
  • 音声
    音声
  • 編集
    編集
  • 取材・撮影現場

系列会社のクロステレビビジョンは番組制作会社です。
演出、取材、中継、編集、MAなどの番組制作におけるすべてのプロセスを提供しています。

クロステレビビジョン 採用情報